メニュー

昼間部

理学療法学科 昼間部3年制 定員32名 月~金 9:00~16:10学習風景

就職率100%

3年間の学び

短い期間で効率的に学び、国家試験合格を目指します。

カリキュラム

カリキュラム(抜粋)

専門分野
理学療法士に必要な専門知識と技術を学ぶ

基礎理学療法学

  • 理学療法概論

理学療法評価学

  • 理学療法評価法

理学療法治療学

  • 理学療法技術論
  • 運動療法
  • 物理療法
  • 義肢装具学
  • 理学療法学特論
  • 日常生活活動

地域理学療法学

  • 地域リハビリテーション
  • 生活環境論

臨床実習等

  • 評価実習
  • 総合臨床実習

1年次の時間割例

月曜日から金曜日まで、3年間でしっかり各科目を習得します。また放課後や空き時間を活用して、国家試験対策のグループ学習や実習に向けての準備を行います。

実技のある科目

1年次
1限(09:00
~10:30)
解剖学Ⅰ 行動科学 運動学Ⅰ 心理学 理学療法評価法Ⅰ
2限(10:40
~12:10)
行動科学 運動学Ⅰ 日常生活活動Ⅰ 理学療法概論Ⅰ
3限(13:00
~14:30)
生理学 画像診断学 リハビリテーション概論 老年学 解剖学Ⅱ
4限(14:40
~16:10)
生理学 物理学 グループ
ワーク
老年学 解剖学Ⅲ

在校生メッセージ

少人数制だから自分のペースでしっかり学べます。

大熊 雄 大熊 雄

高校卒業後入学

大熊 雄 さん

(埼玉県立越谷西高等学校 出身)

コメントを読む

  • コメントを読む
    • 少人数制だから自分のぺースでしっかり学べます。
    • 理学療法士になりたいと思ったのは、野球で肩を怪我したことがきっかけでした。大好きな野球ができなくなるかもしれないと落ち込んでいた私のリハビリ生活を支えてくれ、復帰させてくれた理学療法士に憧れ、自分もこんな仕事がしたいと思いました。本校を選んだ理由は1クラスという少人数制なので、先生との距離が近く、相談しやすい環境だと思ったからです。特に面白いと感じている授業は筋肉の仕組みを学ぶ「運動学」です。普段あたりまえのように行っている歩行などの基本動作の仕組みを学んだことで、街を歩く様々な人の動作を観察し、「運動学」と結びつける癖がつきました。以前はスポーツに携われる職場を希望していましたが、障がいを持つ方の日常生活の向上を支えられるような病院や施設にも興味が広がりました。これから自分の目指す道を見極めるため、知らない分野へも視野を広げ、積極的に取り組んでいこうと思います。

近くで支えてくれる先生と協力し合える仲間がいるから安心。

上野 美咲 上野 美咲

社会人経験者

上野 美咲 さん

(私立羽黒高等学校 出身)

コメントを読む

  • コメントを読む
    • 近くで支えてくれる先生と協力し合える仲間がいるから安心。
    • 本校に入学を決めたのは、学費が安いことと、3年制に魅力を感じたからです。以前は大学病院で看護補助として働いていたのですが、患者さん一人ひとりに合ったアドバイスができないことに、もどかしさを感じるようになりました。もっと深く携わるためには医学の知識が必要だと思い、たどり着いたのが理学療法士でした。授業内容は難しいですが、グループで話し合ったり、先生がわかりやすく教えてくださるので、苦手だった勉強にも楽しく取り組めています。入学前、昼間部は新卒の学生が多く馴染めるかな、と不安に思っていましたが、クラスには私以外にも社会人経験者がいるので共感し合える部分が多く、とても安心感があります。将来は患者さんからも、医療従事者からも信頼されるような理学療法士になりたいです。本校は、アットホームで勉強しやすい環境が整っています。是非、一緒に夢を叶えましょう!

教員メッセージ

きめ細かなサポート体制。
 

福島 豊 福島 豊

昼間部 学科長

福島 豊

コメントを読む

  • コメントを読む
    • きめ細かなサポート体制。
    • 昼間部では、勉強の仕方や臨床実習への準備、国家試験対策、就職相談など、3年間の学生生活全般を通してきめ細かくサポートします。学生一人ひとりの能力や個性に合った指導ができるよう担任・副担任制をとっています。さらに学生と教員の垣根をなくし、勉強について質問をしたり、いろいろな悩みについて相談しやすい雰囲気作りを心がけています。

相談しやすい環境で、一緒に学びましょう!

中山 沙織 中山 沙織

昼間部 専任教員

金井 良

コメントを読む

  • コメントを読む
    • 相談しやすい環境で、一緒に学びましょう!
    • 昼間部の専任教員が、授業外でも実技練習や補習などを通して、勉強方法から臨床実習への準備、国家試験対策、就職相談、日常の悩みの相談など、積極的にサポートします。何でも話しやすい雰囲気が昼間部の魅力です。また、幅広い年代の学生や教員との交流を通じて、豊かな人間性・社会性の形成と向上を目指しています。
大熊 雄

少人数制だから自分のぺースでしっかり学べます。

理学療法士になりたいと思ったのは、野球で肩を怪我したことがきっかけでした。大好きな野球ができなくなるかもしれないと落ち込んでいた私のリハビリ生活を支えてくれ、復帰させてくれた理学療法士に憧れ、自分もこんな仕事がしたいと思いました。本校を選んだ理由は1クラスという少人数制なので、先生との距離が近く、相談しやすい環境だと思ったからです。特に面白いと感じている授業は筋肉の仕組みを学ぶ「運動学」です。普段あたりまえのように行っている歩行などの基本動作の仕組みを学んだことで、街を歩く様々な人の動作を観察し、「運動学」と結びつける癖がつきました。以前はスポーツに携われる職場を希望していましたが、障がいを持つ方の日常生活の向上を支えられるような病院や施設にも興味が広がりました。これから自分の目指す道を見極めるため、知らない分野へも視野を広げ、積極的に取り組んでいこうと思います。

上野 美咲

近くで支えてくれる先生と協力し合える仲間がいるから安心。

本校に入学を決めたのは、学費が安いことと、3年制に魅力を感じたからです。以前は大学病院で看護補助として働いていたのですが、患者さん一人ひとりに合ったアドバイスができないことに、もどかしさを感じるようになりました。もっと深く携わるためには医学の知識が必要だと思い、たどり着いたのが理学療法士でした。授業内容は難しいですが、グループで話し合ったり、先生がわかりやすく教えてくださるので、苦手だった勉強にも楽しく取り組めています。入学前、昼間部は新卒の学生が多く馴染めるかな、と不安に思っていましたが、クラスには私以外にも社会人経験者がいるので共感し合える部分が多く、とても安心感があります。将来は患者さんからも、医療従事者からも信頼されるような理学療法士になりたいです。本校は、アットホームで勉強しやすい環境が整っています。是非、一緒に夢を叶えましょう!

福島 豊

きめ細かなサポート体制。

昼間部では、勉強の仕方や臨床実習への準備、国家試験対策、就職相談など、3年間の学生生活全般を通してきめ細かくサポートします。学生一人ひとりの能力や個性に合った指導ができるよう担任・副担任制をとっています。さらに学生と教員の垣根をなくし、勉強について質問をしたり、いろいろな悩みについて相談しやすい雰囲気作りを心がけています。

金井 良

相談しやすい環境で、一緒に学びましょう!

昼間部の専任教員が、授業外でも実技練習や補習などを通して、勉強方法から臨床実習への準備、国家試験対策、就職相談、日常の悩みの相談など、積極的にサポートします。何でも話しやすい雰囲気が昼間部の魅力です。また、幅広い年代の学生や教員との交流を通じて、豊かな人間性・社会性の形成と向上を目指しています。

在校生データ(2019年度入学生)

年齢も経歴もさまざまな学生がともに学んでいます。

昼間部1年生のある日の1日

1限9:00~10:30

朝一から座学の授業だけど、昨日の予習でバッチリです。

2限10:40~12:10

白衣に着替えて実技練習。実習前なので気合がはいります。

お昼休み12:10~13:00

晴れた日は近くの公園で、息抜きします。

3限13:00~14:30

今日は空きコマになるので、みんなでグループ学習。

4限14:40~16:10

現役の理学療法士の先生の授業はやっぱりおもしろい!

放課後16:10~

放課後も残ってグループ学習、アルバイトは週に3日。それ以外は学校に残って勉強することが多いです。